RED

大人の赤色リップメイク!赤色リップメイクのコツや、赤色リップを引き立ててくれる色とは?

赤色リップメイク

赤い口紅は、大人の女性のイメージがありますよね。赤を使ったリップメイクは、大人な品のある女性を演出してくれます。
今回は、印象別に赤色リップを使った大人っぽいリップメイクをまとめてみました。
また赤色リップメイクのコツや、赤色リップを引き立ててくれる色もご紹介します。

赤色のリップメイクの特徴と効果

赤は血色や、火を表す生命の力強さをイメージする色であり、強いパワーと刺激を表す色とされてきました。そのため赤色は人の注意を惹きやすく、気分を高揚させたい時にもよく使われます。

赤をリップメイクに取り入れることで、唇の形や、色を目立たせて魅力的に見せる視覚効果が期待できます。

  • 人の注目を集めたい時
  • 自分に自信をもって過ごしたい時

など、仕事や、プライベートのシーンに合わせて赤色のリップメイクをすれば、気分を高めて積極的に行動を起こしやすくなるでしょう。

【ナチュラル】赤色のリップを使った大人リップメイク

赤色リップメイク

ナチュラルな赤色リップメイクは、きっちりとした印象を与えてくれるので、お仕事メイクにもぴったりです。
子供っぽく見られがちな人でも、口元に赤色を使うだけで大人っぽい印象になれます。
今まで赤色リップメイクを試したことがない人でも、簡単にチャレンジやすいメイク方法をまとめてみました。

色つきリップを使う

赤色リップメイク

最近では色つきリップでも

  • 発色の良い口紅のように仕上がるタイプ
  • 美容成分が配合されたグロス代わりに使えるタイプ

など、実に種類が豊富です。
色つきリップは口紅よりも、油分が多めに配合されているものが多いので、唇への圧迫感も少なく使えます。 赤い口紅に抵抗がある人は、まず色つきリップを選んでみてはいかがでしょうか。

リップグロスで仕上げる

赤色リップメイク

口紅だけでメイクを仕上げると、のっぺり不自然な印象にと仕上がることがあります。
赤の口紅は色が濃いので、ペタっと唇に色を貼りつけたような印象になりやすいので要注意です。
赤色の口紅の上からリップグロスを馴染ませると、つやがプラスされて立体感が生まれます。
また赤色は、唇の輪郭をはっきりと際立たせるので、せっかくの赤が悪目立ちしてしまうケースも。
特に透明感のあるシアータイプのリップグロスは、くっきりとした口紅の輪郭を自然にぼかしてくれるので、優しいナチュラルな印象にしたい時にぴったりです。

リップブラシを使って赤色を際立たせる

赤色リップメイクは色が濃いので、唇の形をはっきりと目立たせます。
特に口紅だけで、マットな赤色リップを際立たせたい時は、リップ専用のブラシを使い、まず唇の縁をなぞってから全体に塗るのがおすすめです。
唇の縦ジワをなぞるようにリップブラシを動かすと、赤のように濃い色の口紅でも、唇の形に合わせてしっかりと馴染ませることができます。

【印象別】赤色リップを使ったシックな大人リップメイク

赤色リップメイク

赤色の口紅を使ったリップメイクは、憧れる女性も多いのではないでしょうか。
しかし「赤」といっても、赤色のリップメイクにはたくさんの色があります。
今度は、大人の女性に合うシックな赤色リップメイクをみていきましょう。

マットな質感の赤色リップメイク

つやのある瑞々しいリップグロスを使わずに仕上げると、赤色の持つ存在感が際立った大人の赤色リップメイクに仕上がります。

マットな大人の赤色リップメイクにおすすめなのは

  • 血色感を演出してくれるベージュ系の赤色
  • 黄味がかったオークル肌に合いやすいブラウン系の赤
  • ワインのような深みのあるボルドーが特徴的な赤

赤を引き立たせて、肌の色ともよく馴染む色を選んでみましょう。

「赤色」というと朱色を思い浮かべる人も多いですが、朱色のようなはっきりとした赤みがある口紅は、マットなリップメイクでは見た人に威圧感を与えやすいので要注意です。
優しい色合いのベージュや、日本人に多いイエローベースの肌に馴染みやすい茶色など、赤の刺激的な明るさをほどよく調和した色は、威圧感が少なくおしゃれなメイクに仕上がります。

赤色リップに深みと、つやをプラス

マットなリップメイクとは反対に、リップグロスを使うとつやのある瑞々しさが加わります。
しかしピンクや、ラメの強いリップグロスを馴染ませると、子供っぽい印象になりやすいので、仕事用のメイクではリップグロスを避けている人もいますよね。
使用するリップグロスの色を変えると、赤色リップに深みが加わり、大人の赤色メイクに仕上がります。

リップグロスというと若い世代のコスメのイメージがありますが

  • 茶色

など、一見リップメイクには使いにくそうな色を重ねると、赤みがほど良く落ち着いたつやのあるリップメイクが完成します。

赤色リップを引き立てる、他の色について詳しくみていきましょう。

赤色リップを引き立てる3つの色

赤は血や、火を連想させ、気持ちを高揚させやすい色です。赤色のリップも、色味が濃いと、威圧感を与えるような仕上がりなることも少なくありません。
赤色リップメイクを肌馴染み良く、引き立ててくれる色をご紹介します。

赤に深みを与える「緑」

赤と反対の色味をもち、補色に当たるのが、「緑」です。赤と緑が混ざると、黒から灰色のように色彩がない「中間色」と呼ばれる色合いになります。
そのため赤色リップの上に、薄い緑色のリップグロスを馴染ませると、赤色の独特な明るさが弱まり、落ち着いた赤色に変化するのです。
赤色リップの鮮やかな色合いが苦手な人は、緑色のリップグロスを試してみてください。

肌との馴染みを良くする「黄(ゴールド)」

黄色は赤と混ざると、明るさが増して、黄色に近いオレンジに変わります。
日本人の肌は、欧米の人々と比べると、やや黄味がかっているため、鮮やかな赤色リップは肌色と浮いて見えてしまうことも。
黄味がかった肌色に赤色リップを馴染ませたい時は、オレンジかかった赤色リップや、黄色(ゴールド)のリップグロスを馴染ませてみましょう。
オレンジに近い赤色や、黄色のリップグロスを使うと、赤色リップが明るくなり、黄色がかった肌色ともよく合います。
また黄色は太陽や、明るい日差しを表す色でもあり、気分を高めて元気な気分にさせてくれるパワーを秘めています。気持ちが落ち込んだ時や、元気を出したい時に、リップメイクに活用してみてはいかがでしょうか。

赤を引き立たせて可愛く見せる「ピンク」

赤色リップメイク

赤を引き立たせる色は、緑や、黄色だけではありません。
子供っぽく見られがちなピンクも、赤を魅力的に演出してくれます。ピンクは愛情を表す色として使われることが多く、女性的な優しいイメージを持ちやすいですよね。
赤色の口紅を塗った上に、ピンクのリップグロスを馴染ませると、実年齢よりも若々しい印象になります。
大人の赤色リップメイクにピンクを使いたい時は、先にピンクの淡い口紅をつけて、上から透明な赤いリップグロスを馴染ませるのがおすすめです。
ピンクの口紅で、唇のくすみや、色合いを整えてから赤いリップグロスを馴染ませると、赤いリップグロスのもつツヤをはっきりと目立たせることができます。

まとめ


強いエネルギーを表す赤は、リップメイクに取り入れると、自信をもって過ごせたり、積極的な行動を起こせるパワーを与えてくれるでしょう。
今回ご紹介した赤色リップメイク方法で、赤色のもつエネルギーの強さを取り入れた、大人っぽいリップメイクを楽しんでみませんか。
大人の赤色リップメイクを楽しみたい時は、ぜひ参考にしてみてください。


関連記事

  1. 赤いスニーカー 赤いスニーカー特集│春夏ファッションのコーディネートの参考に!主…
  2. ヴィンテージソファー 赤いソファー│【チェスターフィールド ソファ】 3人掛けアンティ…
  3. 赤い下着 赤い下着特集│勝負下着は赤!?赤い下着の持つパワーとは??
  4. エレキギター赤 エレキギター 赤 安い!5万円以内で買える赤いギター10選
  5. 赤いワンピース 赤いワンピース│ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEA…
  6. 赤いサッカースパイク サッカースパイク赤/レッド 10選│15,000円以内~で買える…
  7. 赤色の腕時計で個性アップ 個性を引き出すメンズの赤色の腕時計を大研究!
  8. 赤い壁掛け時計5選│赤色の時計でインテリアにエッセンスを♩

楽天スポンサード広告

Amazonスポンサード広告

スポンサード広告

PAGE TOP