青が好きな人へ

青色の着物特集!振袖・袴コーデにおすすめカラーもご紹介

青色の着物

成人式や、身内の結婚式など華やかな席で着物を着る女性が増えています。
色鮮やかな着物を選んでいると、どんな色が自分に合うのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。
今回は青色の着物について、ご紹介していきます。
振袖や、袴の色選びに悩んでいる人もぜひ参考にしてみてください。

青色の着物を選ぶメリット

青色の着物特集

着物はたくさんの色があり、色によって雰囲気も異なります。青色の着物は紫に近い紺色のような濃い青から、水色のような淡い色もあり色の濃淡が豊富で、着物初心者の人も親しみやすい色合いです。
まず青色の着物の特徴と、青色の着物を選んだ時のメリットについて詳しく見ていきましょう。

大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出できる

青色の着物特集

青色には気分を落ち着かせて冷静にさせる色彩効果が期待できます。
また青色は空や、海といった大自然をイメージさせやすい色から、安心感を与えてくれます。
青色の着物は、落ち着いた大人っぽい雰囲気に見せたい人におすすめです。
特にネイビーのような色の濃い青色の着物は、洗練された大人の女性に見せてくれます。
一見地味に感じられる色ですが、帯や、合わせる小物によってもガラっと印象が変わるので、着物の色合わせを楽しみたい人にもぴったりですよ。

知的で上品な印象に

青色の着物特集
https://wear.jp/furifufurifu1532/16065196/

青色の着物は大人っぽく見えるため、知的で品のある印象に見せてくれます。
赤やピンクのような目立ちやすい暖色が苦手な人も、落ち着いた青色の着物なら挑戦しやすい人もいるのではないでしょうか。
また青色は、海外ではロイヤルブルーと呼ばれ、王室をイメージさせ伝統的で気品のある色です。柄が大きく描かれた振袖も、青色の生地の着物を選べば上品な印象を与えてくれるでしょう。
さらに青色の着物は濃い青色がきれいなデニム生地など、現代風の着物のデザインも多く、日常生活にも着やすいデザインの着物もあります。
フォーマルな席だけでなく、日常的に着物を着てみたい人にもおすすめです。

年齢を重ねても着やすい

青色の着物は華やかさがあるだけでなく、落ち着いて見えやすいので、年齢を重ねても着やすい物が多いです。
帯や、履物・帯留めなど、小物との組み合わせを工夫すれば、年齢を重ねても楽しみやすいでしょう。
長く着物を楽しみたい時には、落ち着いた雰囲気のある青色の着物がおすすめです。

青色の着物のおすすめの柄

青色の着物特集
https://wear.jp/furifufurifu1532/17585527/

着物には様々な柄があり、青色の着物といってもたくさんのデザインがあります。
特に振袖は、晴れの日に着るフォーマルな着物のため、鮮やかなデザインの着物が多いですよね。
今度は、振袖・袴にもおすすめの青色の着物の柄を調べてみました。

梅や桜などの「花柄」

青色の着物特集
https://wear.jp/11282134/16051790/

振袖や、フォーマルな席で着る着物でよく見かける花柄の着物。花柄の着物は、華やかで女性をより美しく見せてくれる柄です。
青色の着物に描かれる花は、青空に咲くように見え、より花の美しさが際立って見えることでしょう。
さらに花といっても、描かれている花の種類によって意味が異なります。
春を象徴する花であり、豊かさを表す花と言われています。
また冬の寒い季節を耐え忍び咲くことから、乗り越えていく力を表す力強い花として描かれることが多いです。

亀や扇などの「祝い柄」

青色の着物特集
https://wear.jp/okarina/18013276/

晴れの日に着る振袖や、艶やかな着物は、お祝いの柄が描かれることもあります。
は「長寿の象徴」とされ、長生きを願い描かれることが多い柄。幸せが長くようにという意味もあり、結婚式や、式典などフォーマルな場におすすめの柄です。
一方は、「商売繁盛・開運」を願う柄として人気があります。将来の活躍や、成功を願う時におすすめの柄です。

蝶や唐草などの「モダン柄」

青色の着物特集
https://wear.jp/fuka123/16097123/

近年ではモダンなデザインの柄の着物も人気があります。
その中でも「不死・不滅」の象徴とされるは、若い女性の振袖でも人気の高い柄です。
一方草や、葉っぱが絡み合った蔦のようなデザインが特徴的な「唐草」は、風呂敷のデザインや、日常生活に着る着物に多く描かれやすいので気軽に着物を楽しみたい人にもおすすめの柄
また季節問わずに着られるモチーフなので、長く着物を愛用したい人にぴったりです。

着物を着る場所や、着物のイメージに合わせて柄を選ぶと、より着物の楽しさを感じられることでしょう。

青色の着物コーデにおすすめの色

青色の着物特集
https://wear.jp/kimonomodernwear/15805500/

着物は帯・帯留め・草履など、それぞれ組み合わせる小物の色によって、イメージが変わります。着物には色を重ねて楽しむ、「かさねの色目」という風習があり、古くから着物には洋服にはない独特の色合わせが親しまれてきました。
そのため着物は色の組み合わせで、悪目立ちしてしまう場合もあるので要注意です。
青色の着物を引き立てる相性の良い色3色ご紹介していきます。

黄色

青色の着物特集
https://wear.jp/item/39576013/

青色もっとも目立たせメリハリのある印象に見せてくれるのが黄色です。青色は黄味がかった色と補色関係にあるため、お互いの色を強調し目立たせます。
濃い青色の着物に、淡い黄色の帯やオレンジ色の帯紐を使うと、より一層着物が鮮やかに映えるでしょう。
青色の着物と濃い黄色の袴の組み合わせを選ぶと、メリハリのあるおしゃれな組み合わせを楽しめますよ。
また淡く薄いトーンの青色の着物に、ゴールドのような輝きのある帯を合わせれば、フォーマルな席にぴったりの華やかさを演出してくれます。

エンジ

青色の着物特集
https://wear.jp/item/22769511/

青色黄味がかったエンジの組み合わせも、色がはっきりと目立つ組み合わせです。
赤がかったエンジは紅白を連想させるため、お祝い行事にも好まれやすく、青色とのコントラストを美しく見せてくれます。
またエンジには魔除けの意味があり、鳥居や、お守りなど様々な場所でも親しまれてきた色でもあります。袴や振袖を着ることが多い成人式や、卒業式など、人生の門出と相性が良い色と言えるでしょう。

青色の着物特集
https://wear.jp/snapitem/90173515/

緑色青色の組み合わせは、落ち着いた色同士の取り合わせなので、優しい雰囲気に見せてくれます。
特に淡い青色と、薄い緑色の組み合わせは、年齢を重ねて着物を楽しみたい人にもおすすめです。
淡い色同士の組み合わせは肌を明るく見せ、品のある美しさを引き立ててくれますよ。

まとめ

青色の着物といっても、柄や濃淡・色の組み合わせで印象がグッと変わります。
特に青色の着物の柄や、色のかさねを意識すると、ワンランク上の着物コーデを楽しめることでしょう。
振袖や袴を選ぶ時に、どんな色の着物を選べばいいか悩んだ時は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事

  1. 青いカラコン 青色のカラコンを大特集|自然な色合いの青色のカラコンで目元の印象…
  2. 青いスニーカーニューバランス 青い靴、青いスニーカー│[ニューバランス] スニーカー U420…
  3. 青い時計、ハミルトンジャズマスター 青い時計│Hamilton ハミルトン 公式 腕時計 Jazzm…
  4. 青いバッグ 差し色にぴったり!青いバッグの魅力とコーデ術
  5. 青いデニムジャケット 青いデニムジャケットを使ったメンズファッションコーデの参考No.…
  6. 青色がダイエットにおすすめの理由 青色でダイエット?食べ過ぎ防止対策に青色がおすすめの理由をご紹介…
  7. スカーゲン青い時計 青い腕時計│スカーゲン│SKAGEN 腕時計 AAREN ブルー…
  8. 青色は幸せを呼び込む色 青色は幸せを呼び込む色?青色の特徴と、幸福のつながりを大解明

楽天スポンサード広告

Amazonスポンサード広告

スポンサード広告

PAGE TOP